友達のお墓参りに行った日

Blog

こんにちは。上履きデコアーティスト/デザイナーのYukaristaです!
きゃ〜もう年明けて半分以上経ってますね… なかなかHP更新をお追いついておらず。。
大丈夫です。生きてます!

東京はコロナ第6波でデルタ以上に感染が身近に感じる今日この頃。涙
小学校も保育園も、まだ持ち堪えていますがもう明日は我が身っていうリアルさがやばいね。
私も家族も、みんな元気ですが”We’re in this together”精神で乗り越えようね。。

今年も超マイペースに、更新続けて行きますのでよろしくお願いします。

———–

さて本題に。
2019年に乳がんで亡くなってしまった、大好きな友達がいました。20歳弱の頃、マンハッタンで出会ってからずっと仲良しの友達です。
10年近く闘病していたのに誰にも言わず、いつも元気な姿だけを見せてくれてた彼女。

亡くなった時は、お別れの会も行って、共通の女友達とは何度も集まって彼女の死を一緒に悲しんだ。
今までも夢にも何度も出てきてるし、同姓同名の名前を偶然見かけたり、彼女そっくりな女性と地下鉄ですれ違ったり、彼女と同じ名前のカラオケスナック(笑)の看板を、なぜか息子が声に出して読んだり…
不思議なことがいくつもあった。

訃報から2年以上経ってしまったけれど、ずっと行けなかったお墓参りに去年12月に一人で行ってきました。

2年経ったけど、それでも「●●家之墓」という文字をみた瞬間大粒の涙が止まらなくて、お墓の前で何十分も座って心の中で彼女に語りかけていました。
彼女の死を受け入れてるつもりだけど、やっぱりまだまだ寂しいし、思い出すと泣いちゃう。友人の死ってこんなに辛いものなんだな。。
悲しかったけれど、ちゃんと挨拶できてよかった。今度は友達と一緒に行こうかな。

お墓、たまたま自宅から自転車で20分くらいの距離にあって、行こうと思えばいつでも会いに行けるので、これからも定期的に続けようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました