わたしが最近克服したこと

Blog

こんにちは! アーティストのYukaristaです。

さて、今回はいつもと違って長文&真面目な話を。

私は学生時代から、自己紹介のように「私は抽象画は苦手。無理。」「水彩画は全然だめ〜!」と、周りに伝えていました。今に至るまで自分でも本当にそう思ってました。

だって、先に「私はまだまだです。下手です。」って言ったほうが、批判もないし、もし納得いったものが作れなかった時、「ほらね、やっぱり私にはできない」と自己防衛できる。

日本人特有の自分下げ?行きすぎた謙遜?のせいもあるのかな…。

でもね、事実か事実じゃないかは別として、この自己暗示ってものすごい本人の可能性を制限してしまうものなんだなって最近気づきました。
私は、水彩画や抽象画を見るのは大好きだし、自分も描けたらいいなってずっと思っていました。
もっとトライしたいと思っているものに対して、「でも私は下手」といったネガティブな感情で向き合い、完璧主義が邪魔をして実際アクションは起こさず、ただその自己暗示を続ける。そんなんで上達はおろか苦手意識なんて払拭できるわけないですよね…。

ここ最近、上記の気づきを経て水彩絵具で抽象画を描くようになりました。(この投稿のトップ画像!)
以前のような悪魔の囁き(笑)は減り、純粋に心から絵描きを楽しむことができるようになったかな。自分のスタイルを見つけるのに苦労したけど、それが少し分かってから段々と面白くなってきました!
私はやっぱり絵が好きだし、90歳のおばあちゃんになっても描いていたいから、今自分のステイタスってあまり重要じゃないのかなーとか思ったり。
だっておばあちゃんになったとき、30代だった自分のことっていちいち気にしたりするのかな? しなそうじゃない??

SNSで誰かと自分を比較して落ち込むといった、そういう事も本当になくなりました。

まだ時々自分を厳しくジャッジしたくなる事もあるけれど、そればかりだとやっぱり苦しいし人生楽しめないな。
私は誰かに認められたくて、ここまで突っ走ってきたのかもしれません。
でも、私自身が私を認めるだけで、それでいいのだ。と思えるようになりました。

先日、Podcastで“Perfectionism, Procrastination & Changing Your Self Image” というエピソードを聴いて、完璧主義・怠慢・自分下げが得意な私は共感しまくりで、手帳にもメモ取りまくりました(笑)。
全て英語ですが、もしわかる方でしたらぜひ!

もちろん行きすぎた自信過剰や謙虚じゃななくなるのはよくないけど、そこは上手くバランスとっていきたいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました